非加熱はちみつにすべき本当の理由とおすすめ非加熱はちみつ3選

健康にいいイメージのあるはちみつ。

スーパーやコンビニでも気軽に買えるし、”はちみつ入り”の食品が多く存在します。

しかし、これらのはちみつのほとんどは加熱処理がしてあり、単なる甘味を添加しているだけで、はちみつ本来が持っているパワーはありません。

ここでは、はちみつはなぜ非加熱にすべきかと、おすすめの非加熱はちみつをご紹介します。

非加熱はちみつとは

自然界に咲いている花をミツバチが採って作るので、はちみつには色、風味、味、粘度などそれぞれ違いが生じます。

生のままだと同じはちみつとして販売しても色や粘度に統一性がなかったり、濾過だけだとハチやハチの子が混ざってしまいます。

そこで人間の手による加工が行われるわけです。

巣での熟成を待たず、まだ水分量が多く水っぽいはちみつに人口転化糖や水あめを加え、均一にするため加熱します。

また、天然の生はちみつはドロッとしていて扱いにくく、瓶詰めがしにくいので、加熱することでサラッとさせ扱いやすくします。

商品として生産性を上げ販売するため、加熱加工が一般化してしまっています。

市販されているほとんどのはちみつは加熱加工がされていると考えていいでしょう。

はちみつは45度以上だと含まれている成分が壊れてしまうので、加熱加工してあるものは、本来はちみつが持つ栄養素は含まれていません。

非加熱はちみつとは、ミツバチが作ったはちみつを巣で熟成させた天然の生はちみつのことです。

1匹のミツバチが一生で集められるはちみつの量は、ティースプーン1杯分。

貴重でありながら、ドロッとしていて濾過も瓶詰も大変な作業なので当然、高価になります。

非加熱はちみつのおすすめの食べ方

せっかくの非加熱はちみつですから、熱を加えず食べることが大切です。

パンやパンケーキにかける以外のおすすめの食べ方を教えます!

ーそのまま食べる

1番のおすすめはスプーンですくってそのまま食べることです。

はちみつは産地、蜜源の種類によって様々な味の違いを味わうことができます。

柑橘類の木の花から採ったはちみつは、柑橘系の爽やかな酸味のある香り。

ハーブ、ナッツ、花など蜜源によって違う香りと味を楽しめます。

ーフルーツにかける

イチゴに練乳をかけるように、フルーツにはちみつをかけるとフルーツの甘さが引き立ち、ジューシーな味わいが最高のデザートになります。

メロンや桃、バナナなど相性がいいでしょう。

ーはちみつレモンにする

レモンの酸味とはちみつの甘さが最高の組み合わせのはちみつレモン。

実ははちみつに唯一不足しているのがビタミンC。レモンで補うことで最強の栄養食品となります。詳しくは、「はちみつレモンの驚くべき効果効能と作り方を網羅。美容と健康にも効果が♪」をご覧ください。

ーヨーグルトに加える

無糖ヨーグルトは酸味があり、冷たいので非加熱はちみつとの相性はとても良いです。

花を蜜源としたはちみつなら上品で華やかに、フルーツの花を蜜源としたはちみつなら、果汁を入れたかのような風味が味わえます。

ーチーズに合わせる

発酵食品であるチーズと非加熱のはちみつとの組み合わせは健康にも良く、産地、風味、種類によって色々な組み合わせを楽しむことができます。

優しい味わいのチーズには淡い色のはちみつ、クセがある強い味わいのチーズには濃い色のはちみつを合わせてみたり、お好みの組み合わせを探すのも楽しいですね。

非加熱はちみつの効果とその効能

非加熱のはちみつには加熱加工されたはちみつに比べて、様々な栄養素がバランス良く含まれています。

非加熱はちみつがもたらす効果と効能をご紹介しましょう。

腸内環境を整える

非加熱はちみつは熱に弱いオリゴ糖・グルコン酸が生きています。

これらは腸内の善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を増やす働きがあります。

腸には全身の免疫を司る体中の免疫細胞の7割があり、この免疫細胞を活性化させることが、外部からの病原体と戦う免疫力の向上にも繋がります。

インフルエンザや肺炎に対する免疫力の高さも、腸の免疫細胞力と関係しています。

他にも、腸内環境を整えることで、花粉症やアトピーなどのアレルギー改善や、生活習慣病の予防・改善、うつ症状の改善が期待できます。

疲労回復効果

非加熱はちみつの主成分はブドウ糖と果糖です。

これらは単糖類といい、体に入るとこれ以上分解されることがないので、素早く短時間で吸収することができます。

胃腸へ負担をかけずに短時間で血糖値を上げるので、マラソンやトライアスロンなど激しい運動の前にたっぷり生はちみつをとっておけば、体力の消耗を防ぐ事ができます。

殺菌効果

天然の非加熱はちみつは、80%という高い糖度を保っているため、細菌のバクテリアはその浸透圧で体液を吸い取られてしまい生きていられません。

また、はちみつに含まれるグルコン酸は殺菌力に優れ、グルコースオキシターゼという酵素が、過酸化水素を作ります。

この過酸化水素は、消毒液のオキシドールの成分です。

はちみつが咳や喉の炎症を鎮めることは有名です。

菌を殺菌するだけでなく繁殖するのを抑え、はちみつのドロッとしたテクスチャーが粘膜を優しく保護してくれます。

口内炎や喉が痛い時は非加熱はちみつをスプーンに取り、患部に当たるようゆっくりと舐めてください。

ダイエット効果

甘いので太ると思われがちなはちみつですが、砂糖大さじ1杯が約35kcalに対し、同じ甘味度だとはちみつは大さじ1/3ですみます。

はちみつ大さじ1/3のカロリーは約20kcalなので、約40%もカロリーダウンできます。

秘密はその主成分にあります。

砂糖はショ糖で、はちみつはブドウ糖と果糖で出来ています。

ブドウ糖と果糖は体に入るとこれ以上分解する必要がないため、胃腸に負担がかからず吸収され、すぐエネルギーとなります。

はちみつは蓄積されることが少ないので、脂肪になりにくい糖質といえます。

また、非加熱はちみつの中の果糖が血糖調整を行うという特徴があり、GI値が低いので、はちみつの摂取量や摂取するタイミングなどに留意すれば、ダイエット効果が期待できます。

抗酸化による美容効果

はちみつはカルシウムや鉄など27種類のビタミン・ミネラルと、22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノールなど約150の栄養成分を含んでいます。

美肌に良いとされるのはビタミンB1、B2などのビタミン類。

ビタミンには少量で効果のある「活性型」と大量でなければ効果のない「不活性型」があります。

はちみつに含まれるビタミンのうち、なんと92%が「活性型」ビタミンです。

そして、ポリフェノールによる抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果を期待することができます。

ただし、全ての効果があるのは非加熱はちみつのみです。

加熱され、他の糖類を添加された精製はちみつは、砂糖と変わりがないので取りすぎると中性脂肪が増え、肥満や生活習慣病に繋がるなど逆効果になります。

おすすめの非過熱はちみつ ベスト3

非加熱のまま販売している商品はとても少なく、一般的なスーパーなどで入手は困難でしょう。

国内のはちみつなら安心と思うかもしれまんが、はちみつに関しては海外(ただしEU圏、キルギス、ニュージーランド等)の方がミツバチへの投薬を禁止する、蜜源となる植物の農薬の規制など基準が厳しくなっています。

ミツバチが激減している原因といわれているネオニコチノイド系の農薬もヨーロッパでは使用禁止になる例が増えていますが、日本では規制緩和の流れがあるそうです。

もちろん、海外産なら安心というわけではありません。

中国やインドのはちみつから抗生物質が何度も検出されており、ヨーロッパはこれらのはちみつを輸入禁止しています。

(日本で使われるはちみつの90%は中国産です)

商品に添付してあるラベルを見ると、「純粋はちみつ」とあればOKと思いがちですが、日本の「純粋はちみつ」の表示規定は、加糖はNGだが加熱はOKというもの。

この紛らわしい表示には気を付けてください。

そこで、おすすめの非加熱はちみつベスト3をご紹介します。

-Best1、 TSUKUMOZAエスパルハニー

中央アジアにあるキルギス共和国のはちみつです。

キルギスは国土の40%が標高3000mに位置する山岳国で、その土地の利を活かした養蜂が盛んに行われています。

中でも、有名なのがエスパルセットを密源とするはちみつです。

エスパルセットは、和名はイガマメ、ホーリークローバーと呼ばれるマメ科の高山植物で、天山山脈の麓の高原地帯に完全無農薬で自生しています。

『TSUKUMOZA エスパルハニー』のミツバチは体の強い小さな個体のミツバチなので、抗生物質を投与することなく養蜂された100%オーガニックで作られた天然の非加熱はちみつです。

『TSUKUMOZA エスパルハニー』の特徴は他の蜜源から作られるはちみつとは比べ物にならないほどの食物酵素が入っていること。

味もはちみつ特有のクセがなく、和三盆のような上品な甘さが残ります。

他にもエスパルセットを蜜源としたはちみつは販売されていますが、白くてふわふわとした食感をより強く出すために、ホイップさせている商品が多く、ホイップする際に熱が加わる可能性も否めません。

また、船での輸送時にコンテナが高温にさらされ、はちみつの成分が破壊されている場合もあります。

『TSUKUMOZA エスパルハニー』は現地の品質管理はもちろん、輸送時の温度管理も徹底することで本物の非加熱はちみつとなっています。

はちみつ界のロールスロイスと呼ばれ、ヨーロッパやアラブの貴族で取引され、日本へはあまり流通していませんでした。近年、はちみつへの注目度が高まっていますが、大自然の恵みでもあることから生産量を増やすことができず、今後ますます希少価値が高まっていくでしょう。

Amazonで注文

-Best2、Y.S. Eco Bee Farms, Y.S.エコビーファーム, 100%認証オーガニック生蜂蜜

アメリカの養蜂業のパイオニアであるY.S. エコビーファームの『100%認証オーガニック生蜂蜜』。

米国農務省認証のオーガニック商品です。

以下、iHervより

オーガニック蜂蜜は、健康なハチの巣から細心の注意を払って採取され、100%純粋で、自然で、低温殺菌やろ過はされておらず、新鮮です。その結果、機能性自然食品として、可能な限り高レベルの生酵素、ビタミン、ミネラル、抗酸化物質、治癒物質を含んだ、エネルギー充満の優れた蜂蜜を生産しています。生涯を通して献身する弊社のオーガニックに対する責任は、あなたに、自然の、本当に最高の、厳しく選択された究極の品質のオーガニック蜂蜜をもたらします。繊細な味わいと、豊かで心地よい味わい溢れる自然の贈り物をお楽しみください。

-Best3、Wedderspoon, 100% ロー, ワイルド ラタハニー

ニュージーランドでも珍しいラタの木の真っ赤な花を蜜源としたラタハニーです。

マヌカハニーで有名なWedderspoon社製です。

ニュージーランドはマヌカハニーの信頼性を確保するため、国が厳しい基準を設け、非遺伝子組み換え植物は使用禁止、農薬、抗生物質等も含まず、はちみつの高品質化を保っています。

以下、iHervより

明るい色のクリーミーな蜂蜜は、ニュージーランド原産のラタの木の真っ赤な花から供給されます。ラタの木は数年に1回開花する傾向があり、降雨量の多い地域を好むため、この蜜の集まりはニュージーランドで最も珍しい珍味の1つになっています。

非加熱のはちみつは白く結晶化していたり、酵素の発酵により細かい泡が出ているため、透明感がない場合が多いです。

そして、時間と手間がかかっているためどうしても高価になります。

非加熱はちみつは高級品ですが、賞味期限がないので長く楽しめ、そして美容と健康に良いという最大の特長があります。

はちみつを購入する際はぜひご参考にしてください。

参考・eo健康

     農ledge「ネオニコチノイド系農薬とミツバチと社会」

   ピントルのはちみつ専門ページ

   山田養蜂場HP「はちみつ」

   前田京子・作『ひとさじのはちみつ』 マガジンハウス発行

★日本人の徹底したこだわりから生まれたキルギスの純白ハチミツ
「エスパルハニー」詳細はこちら!

日本人の徹底したこだわりから生まれたキルギスの純白ハチミツ「エスパルハニー」